eS-League

Report

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」ウイニングイレブン部門埼玉県代表決定戦が埼玉スタジアム2○○2で開催!

2019.08.19

2019年8月18日、埼玉スタジアム2○○2にて「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」のウイニングイレブン部門埼玉県代表決定戦が開催された。


当日は「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」だけではなく、少年サッカーのエキシビジョンマッチをしていただき、eスポーツサッカーだけではなくサッカーファンが埼スタに集結!
ただ、少年少女にとっては埼スタのグラウンドやゴールはちょっぴり大きかったかな?なんて思ったりもしました(笑)


代表決定戦少年の部は「浦和東高校A」チームが大暴れ!
5-1で「浦和東高校B」チームを降すと、続く決勝戦では4-0と「クラークB」チームを完封。
全国大会での活躍も間違いなしといった実力を示した。


オープンの部ではなんとオンライン予選を通過したチーム全てがeS-League所属選手であるという快挙を達成!
埼玉勢の層の厚さと実力の高さを感じた。
決勝戦の「埼玉セルフィー」vs「こばとん」戦は特に手に汗を握るものがあり、0-0でお互いに譲らず迎えた後半で待望の先制点を得た「こばとん」チームを追う「埼玉セルフィー」の猛攻が始まった。
試合終了直前に「埼玉セルフィー」の執念のゴールが決まり勝負は延長戦にもつれ込んだかと思いきや、これがオフサイドの判定によりノーゴールとなり試合終了。
「こばとん」の優勝、そして埼玉県代表として全国大会への切符を手に入れた。


eS-Leagueは今回もウイニングイレブンを体験できる対戦台を設置。
群馬大会の時以上の好評で試合を終えた少年サッカーチームを中心に常に人だかりができている状況だった。
また、前回同様J:COM様の協力で勝利回数に応じて得られる景品が用意され、ボールペンが欲しいからもう一回やる!レジャーシートまでもうちょっと!といった声も聞こえました。
中には何のキャラクターなのかを聞きに来る子供たちもいて、キャラクターそのものを好きになった子もいたようだ。「ざっくぅ」人気恐るべし。

AD